企業情報

社長メッセージ

社長メッセージ
平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

当社は、設立以来、独立系金融サービス会社として、お客様の役に立つ「真のプロフェッショナル」を目指し、リースファンド事業を始め、不動産ファンド事業、保険事業、M&A事業など、幅広いビジネスを展開しております。特に、主力事業のリースファンド事業では、日本型オペレーティング・リースのリーディングカンパニーとして確固たる地位を築いております。

現在、当社では、持続的成長を続けていくため、変革と挑戦に取り組むことを基本方針として、様々な事業の立ち上げに取り組むと共に既存事業の拡大に取り組んでいます。
不動産ファンド事業では、主力である不動産小口化商品の組成を積極的に進めた結果、2021年9月期の組成額、販売額は過去最高を記録し、同事業の売上高は前年比約4倍となりました。 FinTech事業では、2021年4月に給与前払いサービス『Q給』をリリースするなど、金融・不動産のライセンスとデジタルテクノロジーを活用した新たな商品・サービスの開発に取り組んでおります。 また、リースファンド事業につきましては、前年は、新型コロナウイルス感染症の世界的流行により、航空会社向けオペレーティング・リース案件の組成や販売が影響を受けましたが、2021年9月期は、年間を通じて販売の回復基調が継続し、同事業の売上高は、期初に想定したよりも伸長するなど、新型コロナウイルス感染症の影響が継続する中においても、一定の回復を遂げることができております。
2022年9月期においても、不動産ファンド事業の拡大とリースファンド事業の収益性改善による増収・増益を目指してまいります。

今、私たちの社会は、新型コロナウイルス感染症、地球温暖化、少子高齢化など、様々な課題に直面しています。 当社は、これら世界共通の課題を解決するには、企業や国家という枠にとらわれず、皆が同じゴールに向かって協調して取り組むことが重要だと考え、今般、国際社会が目指す持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)の達成に貢献すべく、地域社会・地域経済への貢献、地球環境にやさしい取り組みの実践など、4つの重点項目を設定いたしました。
今後も、この4つの重点項目について、当社ならではの取り組みを積極的かつ継続的に行ってまいります。

当社は、企業としての社会的責任や影響を踏まえ、当社および社会の持続可能性を追求し続けてまいりますので、今後とも、当社への変わらぬご支援・ご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。

2021年11月
株式会社FPG
代表取締役社長 谷村尚永