張本智和選手トピックス

世界卓球選手権ドイツ大会にて大会史上最年少でベスト8

2017/06/08

5月29日(月)~6月5日(月)までデュッセルドルフ(ドイツ)にて開催された「2017世界卓球選手権ドイツ大会」に、張本選手は史上最年少日本代表として男子シングルスに出場いたしました。初出場ながら、第1回戦はストレート勝ち、第2回戦では日本のエース水谷隼選手を破り、世界を驚かせました。その後、第3回戦、第4回戦も勝ちあがり、大会史上最年少でベスト8を決めましたが、準々決勝で世界ランキング3位の許昕選手に1―4で敗れ、惜しくもメダル獲得にはいたりませんでした。しかし、当大会における張本選手の大活躍は世界中で話題となり、今後のさらなる活躍が期待されております。

なお、世界卓球選手権終了後の6月6日に国際卓球連盟は6月の世界ランキングを発表いたしましたが、張本選手は本大会の試合結果を受けて、69位から39位へと大きく上昇いたしました。

世界卓球写真合体.jpg

写真提供:卓球レポート/バタフライ